www.wallawallaucc.org
多種多様にあるキャッシングの審査基準の視点から検証してみると、その審査基準もまた多種多様であるということがわかります。一言でお金の借入れと口々にいっても、銀行系のものであったり大手のキャッシング会社のものであったり、そして独立系のものなどもあり多種多様です。それらのキャッシング業者を見た際、自然に、審査項目が簡単な会社、厳しい会社というものに分かれるのです。まず、同時に借り入れる会社は、三社というのが目安と言えます。キャッシングをしている数が3社以内で、お金の借入れ金額が収入の3分の1以下であれば、金融機関であっても審査項目をパスする見込みは高いといえます。金融機関系は総じて利息が少なめに設けていますので、活用することであればそちらのほうがお勧めでしょう。お金の借り入れ件数がもしもお金の借入れ件数が四件を上回っている時は、金融機関系は難しくなるはずです。但し、2006年に新しくできた出資法や貸金業規制法などの法改正により、利子が下げられ、金融機関系ではキャッシングの手続きがパスしずらい傾向にあります。銀行でも、一段と審査項目に関して通りづらくなるようです。また手続きの幾分あまい会社とうわさの業者でも、安易に審査依頼するればよいというわけでもありません。仮に、先にその企業に当たって情報を集めずに申込みをして、手続きをパスしなかった場合、その審査情報は個人信用情報機関に保存されるのです。信用情報機関に登録される期間は三ヶ月〜六ヶ月ですので、その時間、個人信用情報機関の記録が汚れてしまうこととなってしまします。汚れたからといって直に借りられないことでもないですが、その情報を閲覧する企業の手続きには、自然に、多かれ少なかれ影響があるでしょう。比較的幾分甘いといわれる審査を行う会社でも、個人信用情報機関に個人情報が登録されるいることにより融資を受けられなくなる場合も発生するかもしれないのです。