www.wallawallaucc.org
重量税とは、国産メーカーの車でも輸入車という車の国やハイブリッドカー、ステーションワゴンというような自動車の形状も例外なく例えば、ポルシェ、等にも納税の義務がある税金です。新車を登録する時、あるいは定期的にある車検のさいに支払わなければいけない税金になります。支払金額はその車のウエートにより定められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は違う税なのでしっかり理解して勘違いしないようにしてください。「自動車重量税という税金は車の重量により」「自動車税はクルマのリッター数毎に」その税額が変わってきます。それにより引き取りの際の待遇も変わってきますので注意が必要です。車を売却する時には既に支払った自動車の税金がいくら残っていた場合でもその金額が返ってくることはないのですが、一方で自動車税でしたら支払った税金を査定額に足してくれるようなことがあるものの重量税に関しては足されることはなかなかないのです。重量税というのは、車を売るときに既に納めた金額があるからと言って中古車の買い取り業者にてそれが考慮される場合はほとんどないです。なのでその次の支払い、分かりやすく言えば車検まで売らずに待ってから手放すという手段が無駄は少ないでしょう。車引き取りの時は考慮されない重量税でも一定の条件の事例では還付していただけることもあるのです。その時は車検の効力が残ったままのクルマを廃車にしてしまう際です。というのは廃車登録をした時に、残存期間に応じた税金が戻ってきます。ですが、車の買取の際はその自動車が廃車されるのとは違って戻ってきません。それから、クルマの名義の変更をした時や、盗難被害に遭った場合も還付してもらうことは不可能です。重量税が残っているクルマを買い取るイコール、車検がまだある車です。店側も忖度しますから自動車重量税の残存期間があればある程度売却額が上乗せされると思います。もちろん、買取金額は業者次第でまちまちなのですが、車検の効力が残っているということを計算に入れてもらえば、手放す自動車の買取額と比較するとそんなに払い損と考えることもありません。